税理士によくある転職失敗パターン4選【失敗しない方法教えます】

転職を検討している税理士「転職を検討しているが、絶対に転職に失敗したくない。周りには転職に失敗したという人もいるけど、どうすれば転職に失敗しないんだろう?

この記事ではこういった疑問に答えます。

 

結論

転職失敗の原因は、転職前に転職先の内部のことまではわからないから。

転職エージェントを利用すれば、職場の雰囲気や残業の状況まで教えてくれる。

おすすめの転職エージェントはMS-Japan。理由は①求人案件が最も多いから②税理士の転職を理解しているから。

MS-Japanへのリンクは以下

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

 

こんな人向けの記事です

転職を検討している税理士

転職のタイミングを考えている税理士

この記事の信頼性

この記事の筆者は、元・会計系専門の転職エージェントです。

税理士の転職失敗①よくある失敗パターン4選

先に結論

転職失敗の主な原因は「転職先のことをよくわかっていないまま転職した」こと。

 

まずは税理士の転職でよくある失敗パターンをご紹介します。

①思ってたより残業が多かった

税理士の転職の動機で最も多いのが「今務めている会計事務所・税理士法人が残業が多いので、残業の少ないところに転職したい」というもの。

 

そういった動機で転職するが、転職してみたら結局同じくらいもしくは残業がさらに増えた、というのはとてもよくあるパターンです。

 

求人をしている事務所・法人は自分たちをよく見せようと、残業時間を実情より少なめに伝えるものです。

 

この失敗パターンはそういった原因により、転職前に聞いていた残業時間と実際の残業時間に差があることにより発生します。

②やりたい業務を担当させてもらえなかった

「今よりもっとクライアントに寄り添った業務をやりたい」「資産税も経験したい」。

 

このような「今とは違う業務をやりたい」というような動機も、とてもよくある税理士の転職の動機です。

 

ですが、転職してみたら自分が希望していた業務と別の業務を担当させられた、ということはよくあるようです。

 

これは、転職先企業の業務の状況をわからないで転職してしまったことや、実際に企業がやってほしい業務と希望する業務にギャップがあって、そのギャップを調整できないまま転職してしまった、ということが原因です。

③雰囲気・社風が合わなかった

「入社してみたらとても体育会系の会社だった」「営業を重視し、経理を軽視する経営者と考え方が合わない」こんな失敗もよくある転職の失敗パターンです。

 

特にベンチャー企業だと経営者の性格が会社の雰囲気に大きな影響を与えますし、また、成長中のベンチャーはイケイケの文化であることが多いので、こういった失敗が起きがちです。

 

これは、転職先企業の職場の雰囲気が分からないまま転職してしまったことが原因です。

④自分のキャリアプランを考えていなかった

「別の会計事務所に転職したが、転職後、独立したい気持ちが強まってきた。でもこの事務所では独立のために足りていない部分を経験することはできない」

 

このように、自分のキャリアプランを考えていなかったことによる失敗パターンもよくあります。

 

年齢にもよりますが、転職は回数が増えるほどしづらくなってくるので、一度転職をしたらそこで一生働くということになることもあります。

 

ですので、転職を含めたキャリアプランはしっかり考えたうえで転職しないと、転職後に後悔することになります。

税理士の転職失敗②失敗しないための対策

先に結論

転職に失敗しないためには、転職前に、企業の実際の勤務状況や職場の雰囲気などを知っておくべき。

転職エージェントを利用すれば、そういった企業の内部のことまで教えてくれる。

 

上で紹介した4つの転職失敗パターンについて、こういった失敗をしないためにはどうすればいいのか解説します。

①転職エージェントを利用して転職先のことをよく知っておく

上で紹介した転職の失敗パターンは、どれも転職前に転職先企業の実際の残業時間、業務の状況、職場の雰囲気、そして経営者の性格まで知っておければ防げる失敗です。

 

ただ、普通に転職しようとしたら、こういった企業の内部の情報は入手できません。

 

しかし、転職エージェントを利用すれば、転職前に企業の内部のことまで知ることができます。

 

エージェントは企業と頻繁にやり取りをしているので「職場の雰囲気」「経営者はどんな人か」「実際に企業が担当させようとしている業務」「企業は人手が足りているのか」など、求職者じゃ知り得ない情報をたくさん持っています。

 

転職エージェントを利用すれば、これらの情報を応募前に教えてもらえます。

 

②転職エージェントに、自分と転職先の間のギャップを調整してもらう

「自分はこういう業務がやりたかったのに、転職先では別の業務を担当させられた」

 

この転職失敗パターンは自分の希望と転職先の希望の間にギャップがあったことが原因です。

 

このようなギャップは転職エージェントがあらかじめ調整しておくことが可能です。

 

転職エージェントは面接で伝えきれなかった求職者の希望を求人企業に伝え、また、求人企業の本当の希望を求職者に教えてくれます。

 

なぜなら、転職者が転職後すぐに退職すると、転職エージェントはその分の損害賠償をする、という契約を結んでいる場合がほとんどであり、求職者がすぐに退職すると転職エージェントも不利益を被るからです。

 

ですので、転職エージェントはただ転職させるだけでなく、できるだけ良い転職にするために、ギャップがあった場合は、あらかじめそのギャップを埋めてくれます。

③30年先までキャリアプランを考える

そもそも自分のキャリアプランをしっかり考えておくこと、これも転職に失敗しないためにはとても大切です。

 

転職は年齢を重ねるほどにしづらくなるので、転職に失敗した場合のキャリアの修正も徐々にできなくなってきます。

 

ですので、キャリアプランは3年や5年後ではなく、30年後や退職までで考えておくべきです。それを考えずに転職して失敗しても、もう2度目の転職はできない、ということもあり得ます。

税理士の転職失敗③おすすめの転職エージェント

先に結論

転職エージェントとは人材紹介会社のことで、登録すると自分の希望に合った求人を多数紹介してくれる。

おすすめの転職エージェントはMS-Japan。理由は①求人案件が最も多いから②税理士の転職を理解しているから。

MS-Japanへのリンクは以下

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

転職エージェントとは?

そもそも転職エージェントとは、人材紹介会社のことです。普通は求人サイトなどで募集案件に応募して、その企業の面接を受けるという流れになりますが、エージェントを使うと、まずエージェントに登録をして、エージェントに仕事を紹介してもらい、面接までのアプローチもエージェントに行ってもらい、面接を受けるという流れになります。

 

このエージェントを使うと以下のメリットがあります。

①面接までのアプローチを手伝ってもらえる。

エージェントは企業に私たちを紹介してくれますが、その際に私たちの長所を最大限に紹介してくれます。自分一人で転職活動を行うより、転職活動のプロであるエージェントの助力がある方が、内定をもらえる可能性は高くなるでしょう。

 

②一度に多くの案件を比較できる

エージェントは常に多数の人材募集案件を持っています。エージェントに登録するとたくさんの案件を紹介してもらえるので、その中から比較して、応募する案件を決めることができます。

 

③会計専門のエージェントがある

会計に関する仕事のみを専門に扱うエージェントがあります。普通のエージェントだと色々な仕事を扱っているので、会計のことをよくわかっていないのですが、会計系専門のエージェントだと会計のこと・会計に関する仕事にとても詳しいので、本当の意味で自分の希望を満たした転職先を見つけてくれます。

 

そんなエージェントを以下でおすすめ順に紹介していきます。

おすすめ度1位「MS-Japan」

 

MS-JAPANは管理部門・仕業専門のエージェントで、転職決定率No.1の実績を誇っています。

 

MS-JAPANは税理士法人・会計事務所や事業会社での経理などの税理士向けの求人案件数は業界No.1です!

 

また、MS-Japanは仕業に特化したエージェントですので、営業の方が皆さん、税理士の業務内容、転職についての理解が深いです。

 

こちらが、「こういった業務ができるところに転職したい」「こういう職場環境の案件を紹介してほしい」と相談したときに、しっかりとこちらの話を理解してくれ、希望に合った案件を紹介してくれます。

 

税理士の転職には最もおすすめのエージェントです。

 

MS-JAPANへのリンクは以下です。

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

 

おすすめ度2位「ジャスネット」

 

ジャスネットは会計・経理・税務・財務分野専門の転職エージェントで、特に税理士・公認会計士の転職に強いエージェントです。

 

ジャスネットの魅力は何といっても営業の方のレベルの高さです。

 

会計業界は専門性が高いので、普通のエージェントだとなかなか話が伝わらないことがあります。こちらがこれまでの経験や経理の細かい業務内容の話をしても、少し会話が噛み合わなかったりするんです。

 

でも、ジャスネットならそんなことにはなりません。ジャスネットは会計系専門の転職エージェントの老舗ですので、営業さんの会計に対する理解や営業としての経験値が高いです。

 

私もジャスネットさんの社員さんを何人か知っているのですが、もともと経理や会計事務所で勤務していたという方が多く、会計業務について皆さんとてもよく理解されてました。

 

ですので、ジャスネットに登録すれば、自分に合っている希望通りの案件を紹介してもらえるはずです。

 

ジャスネットのリンクは以下です。

【ジャスネットキャリア】

 

おすすめ度3位「レックスアドバイザーズ」

  レックスアドバイザーズも会計・経理・税務・財務分野専門の転職エージェントです。

 

案件も多く、営業の方も会計専門のエージェントなのでしっかりと会計に関する職種を理解されている印象でした。

 

また、私が利用した際には、面接の前日に、面接の際のポイント、先方が重視している点などを電話で丁寧にご説明いただけました。

 

ですので、面接にあまり自信がない方、転職活動をしっかりとサポートしてもらいたい方にはおすすめのエージェントです。

 

レックスアドバイザーズへのリンクは以下です。

レックスアドバイザーズ

税理士の転職失敗④まとめ

この記事はいかがでしたでしょうか。この記事に書いたことをまとめると以下です。

結論

転職失敗の原因は、転職前に転職先の内部のことまではわからないから。

転職エージェントを利用すれば、職場の雰囲気や残業の状況まで教えてくれる。

おすすめの転職エージェントはMS-Japan。理由は①求人案件が最も多いから②税理士の転職を理解しているから。

MS-Japanへのリンクは以下

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

 

また、税理士向けの転職エージェントについては以下の記事で詳しく解説しています。

税理士向け転職エージェント徹底比較【利用の流れも解説】

転職エージェントの利用を検討している税理士の方、転職エージェントの利用方法の知りたい方向け。内容⇒転職エージェントとは?、転職エージェントの比較、エージェント利用の流れ、エージェントのメリット・デメリットetc。この記事を読めば、エージェントの利用の流れやおすすめの転職エージェントが分かります。

この記事が、転職をご検討されている税理士の方に少しでも役立てば幸いです。

-税理士, 転職

Copyright© 2021 公認会計士Career,All Rights Reserved.