米国公認会計士の予備校を徹底比較【費用・合格率・勉強時間まとめ】

米国公認会計士になるために予備校に入りたい人「米国公認会計士の資格を取得しようと思う。そのために予備校に入ろうと思うが、どこの予備校が良いのかわからない。簡単に比較したい。

この記事ではこういった疑問に答えます。

 

先に結論

米国公認会計士は難易度は公認会計士より低いのに、公認会計と同様に社会で評価される資格。

予備校を選ぶ際は受講料だけでなく、単位取得のための追加料金も考慮すべき!

おすすめの予備校はアビタス一択!理由は①圧倒的な合格実績②トータルの費用だと他の予備校より安い③資格取得までのサポートも充実している。

 

アビタスへのリンクは以下(まずは、最大5万円の割引券がついている資料請求がおすすめ!)

米国公認会計士を目指すならアビタス。

米国公認会計士/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

 

この記事を読んだら

米国公認会計士を目指すならどこの予備校が良いのかわかります。

米国公認会計士向けのおすすめの予備校がわかります。

【米国公認会計士予備校比較】米国公認会計士とは

先に結論

米国公認会計士とは米国公認会計士のことで、資格保有者は外資の金融系企業などに勤め年収水準が高い。

日本の公認会計士試験と比べ難易度は低く、合格率は約45%と高い。

 

どういう資格?

米国公認会計士とは米国公認会計士協会が認めた米国(US)の公認会計士(CPA=Certified Public Accountant)。

 

この資格の保有者は監査法人や外資の金融系企業などに勤めることが多く、20代や30代で年収1,000万円を超えることもあります。

 

日本の公認会計士との違いは色々ありますが、①米国の会計基準を覚える必要がある、②試験が英語で出題される、この2点が代表的な違いです。

 

ですので、この資格を取得すると①アメリカの会計基準についての専門知識を有していることが証明され、②英語にも明るいことが証明されます。そのため外資系企業などで重宝されます。

受験資格

米国公認会計士は全米統一の試験ですが、受験資格は出願先の州により異なります。

 

州によっては受験条件を満たしていなくても受験可能なグアム州や、比較的少ない15単位の取得で受験資格を得られるアラスカ州など特徴があります。

 

また、受験のための要件には学位要件と単位要件があります。

〇学位要件

4年制大学の卒業を要件とするもの。学位要件を求めない州もある。

〇単位要件

大学での「会計単位」や「ビジネス単位」の取得にかかる要件。日本の大学では足りないことが多いが、予備校で取得できる。

 

こういった諸条件がありますが、予備校に入れば誰でも条件は満たすことができます。予備校に入っても条件を満たせない方というのはいないので安心してください。

 

また、どの州に出願するかは、予備校で自分の要件の充足の状況などから相談して決めるので問題ないです。ほとんどの方がそうしています。

科目・受験方法

米国公認会計士の受験科目は以下の4つです。

FAR・・・財務会計

BEC・・・経営学

REG・・・諸法規

AUD・・・監査及び諸手続き

 

また、受験はコンピュータを用いてモニターに表示される問題に答える形式で実施されます。問題は選択問題と記述問題の両方が出題されます。

 

受験地は出願州と異なってもOKです。また日本受験(東京、大阪の会場での受験)も可能です。

勉強時間・難易度

米国公認会計士の試験に合格するための勉強時間は1,000~1,200時間と言われています。

 

日本の公認会計士試験は合格までに3,000~5,000時間の勉強時間が必要と言われているので、米国公認会計士は日本の公認会計士と比べると難易度はかなり低いです。

 

しかし、後述しますが、米国公認会計士を取得した場合、公認会計士と同様の企業に就職・転職可能ですのでかなり得な資格だと思います。

合格率

合格率は毎年約45%ほどです。

 

日本の公認会計士試験は例年10%ほどですので、合格率の面から見ても米国公認会計士は公認会計士試験よりかなり取りやすい資格だと思います。

【米国公認会計士予備校比較】米国公認会計士のメリット

先に結論

米国公認会計士は日本の公認会計士より難易度は低いのに、合格後の就職は同じ条件になる。

米国公認会計士を保有していると海外出向にも行きやすくなり、海外で仕事がしやすくなる。

 

勉強時間が短いのに、就職の際は日本の公認会計士と同じ扱い

米国公認会計士を取得した場合、ほとんどの方が日本の大手監査法人に勤めることがきます。

 

大手監査法人は初年度で年収500~600万円、4年目で年収800~900万円という給与水準の高い企業です。

 

監査法人には日本の公認会計士試験に合格した人のほとんどが就職しますが、米国公認会計士を取得した人も簡単に就職できます。なぜなら米国公認会計士を持っている人は少なく、かつ、アメリカの会計基準の知識が必要な業務が監査法人には多くあるからです。

 

監査法人とは企業が不正会計等を行っていないか監査をする法人ですが、日本の大企業の中には、アメリカの会計基準を適用している企業、アメリカでも上場しているためアメリカの会計基準に則った財務情報も公表している企業がたくさんあります。

 

そういった企業は日本の大企業(トヨタ、ソニー、大手3都市銀行など)ですので、監査する会計士もたくさん必要です。ですので監査法人はアメリカの会計基準に明るい米国公認会計士取得者を積極的に採用しています(正直、米国公認会計士に合格したらほぼ間違いなく監査法人に就職できると考えて大丈夫です。そのくらい売り手市場です)。

 

しかもそういった大企業を担当することになるということは、入社後も出世ルートに乗ることになります。

 

公認会計士は合格までに3,000時間ほどの勉強時間が必要と言われていますが、米国公認会計士は1,000時間ほどと言われています。なのに合格後は上記の状況になります。米国公認会計士は今とてもおいしい資格だと思います(筆者は公認会計士試験に合格していますが、米国公認会計士にしておけばよかったと合格後思いました…)。

グローバルに活躍できる

オーストラリア・カナダ・香港などでは相互承認制度がもう受けられているため、米国公認会計士資格を保有していれば、新たに現地の会計士資格を取得する必要がありません。

 

米国公認会計士を持っていればこれらの国の会計士資格も保有しているとみなされます。

 

また、当然アメリカでも会計士資格を保有しているとみなされます。

 

ですので、米国公認会計士を持っていると海外で勤務しやすい状況になります。監査法人に入社しても、海外出向などに行きやすいです。

 

米国公認会計士をもって入れば、監査法人や外資系企業に就職して、海外出向に行くというのも全然夢じゃないんです。

【米国公認会計士予備校比較】予備校を選ぶ際のポイント!

先に結論

予備校の受講料には単位取得費用が含まれていないことがある。単位取得費用も含めたトータルの費用で比較すべき!

他にも単位の取得しやすさ、英語サポートも予備校選びのポイント!

 

①トータルの費用

予備校選びのポイントで何と言っても大事なのはトータルの費用です。

 

「トータルの費用」というのは予備校の講座費用だけでなく、単位取得のための費用も考慮すべき!という意味です。

 

詳細は次の「料金比較表」の章に書いていますが、実は米国公認会計士の予備校は受講料と単位取得のための費用を別で記載しているところが多いです!

 

ですので、「ここの予備校安い!」と思って入ってみたら、実は別途、単位取得のための費用がかかり、結局総額だと結構な費用がかかっ、ということにもなりかねません。

 

その点、アビタスという予備校では最初の受講料に単位取得費用もすべて含まれているので安心です!追加費用がかかることはありません!

②単位の取得しやすさ

次に予備校選びの際に考慮すべきポイントは「単位の取得しやすさ」です。

 

こちらも費用の話同様、米国公認会計士試験の受験資格である「会計単位」「ビジネス単位」の取得の話ですが、単位取得のためにも簡単な試験を受ける必要があります。

 

その試験が、アビタスとプロアクティブという予備校では自宅PCで受験できますが、TACという予備校では東京または大阪の会場までいかないと受験することができません。

 

単位は最小でも15単位取得する必要があるので、東京・大阪以外にお住いの方にとっては交通費が大きな出費になると思います。

③教材の英語サポート

米国公認会計士の試験問題は英語で記載されています。

 

ですので、米国公認会計士受験のためには英語力も鍛える必要があるため、予備校の教材も英語で記載されています。

 

ただ、いきなり英語の教材を読んでも理解しにくいですよね?

 

ですので、アビタス・TACの教材にはすべて日本語訳が付いています。しかし、プロアクティブの教材は英語ベースで作成されています。

 

ですのでプロアクティブの教材は、英語初心者の方にとっては、なかなか理解しにくいかもしれません。

【米国公認会計士予備校比較】料金比較表

先に結論

転職エージェントとは人材紹介会社のことで、登録すると自分の希望に合った求人を多数紹介してくれる。

おすすめの転職エージェントはマイナビ会計士。理由は①求人案件が最も多いから②公認会計士専門だから会計士の転職を理解しているから。

前の章に書いた通り、米国公認会計士の取得のためには予備校の受講料の他に、単位取得費用が掛かります。

 

それらを総合した料金表は以下です。

(税込み)

  アビタス TAC プロアクティブ
講座費用(入会金等含む)

ライトパック:605,300円
フルパック:804,300円

通信:525,000円
通学:494,000円
通学・通信:395,000円
e-learning:319,000円
単位取得費用

講座費用に含まれている

ライトパック:15単位
フルパック:53単位

大学入学金:7,000円
+3単位ごとに:18,000円

+3単位ごとに:33,000円
取得単位0 605,300円 525,000円 395,000円
取得単位15 605,300円 622,000円 560,000円
取得単位24 677,900円 676,000円 659,000円
取得単位54 804,300円 856,000円 989,000円

※費用は通信の場合で計算しています。

※単位取得試験はTACが東京・大阪の会場で開催、アビタス・プロアクティブは自宅でPC受験可能。

 

上記の表のとおり、取得単位が24単位までならプロアクティブが最安ですが、54単位取得するとアビタスが最も安いです。

 

取得単位数は出願する州によって異なりますが、アラスカ州なら15単位、それ以外のほとんどの州は最低48単位の取得が求められます(その分アラスカ州は資格取得のための実務経験のハードルが高いです)。

 

次に、各予備校の総合的な比較は以下です。

アビタス

講座費用

ライトパック:605,300円
フルパック:804,300円

単位取得費用 講座費用に含まれている。
校舎の数 2校(新宿、梅田)
教材 ☆☆☆☆☆
受講可能期間 5年

TAC

講座費用

通信:525,000円
通学:494,000円

単位取得費用

3単位ごとに18,000円

校舎の数 全国に27校+提携校
教材 ☆☆☆☆☆
受講可能期間 2年

プロアクティブ

講座費用

通学・通信:395,000円
e-learning:319,000円

単位取得費用

3単位ごとに33,000円

校舎の数 1校(虎ノ門)
教材 ☆☆☆
受講可能期間 5年

簡単に比較するとこんな感じです。

 

以下で各予備校の詳細をおすすめ順に書いていきます。

おすすめの基準

・合格実績

・料金

・資格取得手続サポートの充実

・教材の質

米国公認会計士向け予備校比較ランキング

先に結論

本気で合格したいなら、合格実績・資格取得までのサポートが充実しているアビタス一択!

料金の安さで選ぶならプロアクティブ。

 

おすすめ第1位 アビタス

米国公認会計士/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

講座費用

ライトパック:605,300円
フルパック:804,300円

単位取得費用 講座費用に含まれている。
校舎の数 2校(新宿、梅田)
教材 ☆☆☆☆☆
受講可能期間 5年

おすすめ度1位はアビタスです。正直、本気で米国公認会計士目指すなら予備校はアビタス一択です。その理由を以下で解説します。

 

合格実績

アビタスは累計で5,000人を超える合格者を輩出しており、毎年合格者の半分以上はアビタス在籍者です。

 

アビタスは米国公認会計士の予備校の中で圧倒的な実績を持っており、実績では他の予備校と比較にならないほど優位です。

 

トータルの費用

上記の料金比較表に書いた通り、単位を54単位取ろうとした時、トータルでかかる費用がアビタスは予備校の中で最も安いです。

 

取得単位数は出願する州によって異なりますが、アラスカ州なら15単位、それ以外のほとんどの州は最低48単位の取得が求められます(その分アラスカ州は資格取得のための実務経験のハードルが高いです)。

 

ちなみに15単位の取得の場合でも、アビタス605,300円、TAC622,000円、プロアクティブ560,000円と他の予備校と大差はありません。

 

また、他の予備校の場合、単位取得試験を受けるたびに追加で料金を支払う必要がありますが、アビタスは最初からすべて受講料に含まれているので安心できると思います。

 

資格取得まで一貫したサポート

アビタスは一度受講料を払えば受講可能期間は5年間と長いです。

 

この5年間の間なら、講義は何度でも受けられますし、講師への質問、資格取得までの単位取得や出願週についての相談も何度でもできます。

 

また、米国公認会計士は試験合格後の資格登録の手続きがすべて英語ですし、ややこしいですが、アビタスなら1万円ですべてサポートしてくれます。

 

資格取得までのサポート体制が最も充実している予備校もアビタスです。

 

質の高い教材

Abitusの教材は、「スモールユニット方式」という方針で作成されています。

 

これは1つのトピックを20分に区切り、10分をインプット(講義)、もう10分をアウトプット(問題集)に充てる方式です。

 

この方式によりインプットとアウトプットが細かく繰り返されることで効率のいい学習ができます。

 

また全てのユニットがユニット番号でトピックに紐づけられているので、学習しているトピックに関連するトピックの講義や問題をすぐに参照することができます。

 

アビタスの教材は効率的かつ効果的に学習を進めるための工夫がたくさん施されています。

 

アビタスへのリンクは以下(まずは、最大5万円の割引券がついている資料請求がおすすめ!)

米国公認会計士を目指すならアビタス。

 

おすすめ第2位 TAC

 

講座費用

通信:525,000円
通学:494,000円

単位取得費用

3単位ごとに18,000円

校舎の数 全国に27校+提携校
教材 ☆☆☆☆☆
受講可能期間 2年

 

合格実績

TACは米国公認会計士だけでなく、公認会計士や税理士など会計系の資格について、圧倒的な合格実績を持っています。

 

TACは教材の作成にも力を入れており、市販の会計士・税理士・簿記資格の教材のほとんどはTAC出版のものです。

 

TACの教材の質、講義の質は疑う余地のないものと考えていいと思います。

 

トータルの費用

TACは費用は少し高めです。

 

単位取得についても、受講料プラス3単位ごとに18,000円かかります。

 

教材

TACの米国公認会計士講座はBeckerという教材をベースに作成されています。

 

このBeckerという教材は本場アメリカで成績優秀者の9割が使用している教材であり、教材の質はとても高いです。

 

また、教材は英語だけでなくしっかり日本語訳もついているので、英語初心者の方にも理解しやすいです。

 

単位取得サポート

TACの唯一の欠点は単位取得のために、東京か大阪の会場での受験が必要になるという点です。

 

単位は最低でも15単位取得する櫃夜があるので、地方在住者にとっては交通費や移動時間が負担になると思います。

 

ただ、この受験会場はピアソンVUE公認テストセンターという会場で、ここでは本試験と同様のコンピュータ受験を行われます。そのため、本番の受験を事前に経験しておくことができます。

 

ですので、首都圏にお住いの方にとっては、東京・大阪でしか単位取得できないという点はむしろメリットになるかもしれません。

 

おすすめ第3位 プロアクティブ

 

講座費用

通学・通信:395,000円
e-learning:319,000円

単位取得費用

3単位ごとに33,000円

校舎の数 1校(虎ノ門)
教材 ☆☆☆
受講可能期間 5年

 

合格実績

プロアクティブは合格実績では他の2校に比べると見劣りします。

 

その分、価格がリーズナブルであることがプロアクティブの魅力です。

 

トータルの費用

プロアクティブのメリットは料金がリーズナブルであることです。

 

他の予備校は講座費用だけで50万円以上かかるところ、プロアクティブは30万円台です。

 

ただ、資格取得には3単位ごとに33,000円追加で費用が掛かるので注意が必要です。

 

トータルでの費用については上記の料金比較表をご参照ください。

 

資格取得までのサポート

プロアクティブは一度受講料を払えば受講可能期間は5年間と長いです。

 

5年間の間なら学習や受験のための手続きのサポートも受けられます。

 

また、単位も自宅のPC受験で取得することができます。

 

また、追加費用30,000円が必要ですが、試験合格後の資格取得手続きのサポートも受けることができます。

 

資格取得までのサポートは充実しているといえます。

 

教材

プロアクティブの教材は全て英語で書かれており、日本語訳が付いていないものもあります。

 

ですので、英語が苦手な方にとっては少し学習がしずらいかと思います。

 

ただ、本試験も全て英語で出題されるので、それに慣れておくことはできると思います。

 

【米国公認会計士予備校比較】まとめ

この記事はいかがでしたでしょうか。この記事に書いたことをまとめると以下です。

結論

米国公認会計士は難易度は公認会計士より低いのに、公認会計と同様に社会で評価される資格。

予備校を選ぶ際は受講料だけでなく、単位取得のための追加料金も考慮すべき!

おすすめの予備校はアビタス一択!理由は①圧倒的な合格実績②トータルの費用だと他の予備校より安い③資格取得までのサポートも充実している。

 

アビタスへのリンクは以下(まずは、最大5万円の割引券がついている資料請求がおすすめ!)

米国公認会計士を目指すならアビタス。

米国公認会計士/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-USCPA, 予備校

Copyright© 2021 公認会計士Career,All Rights Reserved.