大学生におすすめの公認会計士予備校【予備校の概要も解説】

公認会計士試験を目指そうと思っている大学生「公認会計士を目指すために予備校に入ろうと思うが、どの予備校が良いんだろか?また大学に通いながら予備校に通うことは可能なんだろうか?

 

この記事ではこういった疑問に答えます。

 

先に結論

大学生におすすめの予備校は東京CPA。理由は①合格率が圧倒的に高いから②講師への質問が最もしやすいから。

通信コースの対応が最も充実しているのも東京CPA。

東京CPAへのリンクは以下(割引クーポンや無料授業体験がついてくるので、まずは資料請求がおすすめです)。

東京CPA会計学院 無料資料請求はこちら!

 

 

こんな人向けの記事です

おすすめの公認会計士試験用の予備校を知りたい大学生

公認会計士試験用の予備校がどんなところか知りたい大学生

この記事の信頼性

この記事の筆者は、2年の勉強期間で公認会計士試験に合格しています。

大学生におすすめの公認会計士予備校①公認会計士試験用の予備校ってどんなところ?

まずは、公認会計士試験用の予備校がどんなところなのか、ご説明いたします。

概要

公認会計士試験用の予備校を簡単に説明すると、以下のような感じです。

・期間はだいたい1.5~2年

・公認会計士試験用の予備校は大手3校(東京CPA、大原、TAC)と中堅2校(LEC、クレアール)の5校が有名。

・入学すると教材一式が支給され、それをもとに勉強をしていく。

・通学コースと通信コースがある(たいてい、通信コースは教材が家に郵送されてきて、授業はwebやDVDなどで視聴するというスタイル)。

・合格後の就職活動もサポートしてくれる。

こんな感じです。

 

公認会計士試験は短答式(1次試験)、論文式(2次試験)と2回ありますが(これに合格した後に実務経験を積み、最後に終了考査というのを受験する必要がありますが、論文式を合格した時点で監査法人等に就職できますので、公認会計士試験の予備校はこの論文式の合格をゴールとしています)、その論文式合格までの平均的な勉強期間は2~3年です。

 

予備校ではその論文式までの勉強を1.5~2年のカリキュラムでこなしていく、というイメージです。ただ、人それぞれのペースがありますので、これより早く合格してしまう人もいます。

 

また、公認会計士試験用の予備校は、主に大手3校(東京CPA、大原、TAC)と中堅2校(LEC、クレアール)の5校であり、この5校でシェア90%以上を持っています。後ほど記載いたしますが、大手は合格者数も圧倒的に多いですがその分値段も高く、中堅は大手ほどの合格者は輩出していませんが、その分値段が安いという特徴があります。

費用

受講料はコースによって異なりますが、ほとんどの人が入学する1.5年~2年のコースだと、だいたい以下のような値段になります。

  料金 2020年の合格者数
東京CPA 60万~85万 359名(合格率 37.1%)
TAC 75万~85万 401名
大原 75万~85万 399名
LEC 45万~55万 非公開
クレアール 45万~55万 非公開

上でも述べましたが、公認会計士予備校は、大手は合格者数も圧倒的に多いですがその分値段も高く、中堅は大手ほどの合格者は輩出していませんが、その分値段が安いという特徴があります。

 

この表でも大手3校だけで合格者数は1,187名となっており、この年の全体の合格者数が1,337名だったので、なんと大手3校で合格者全体の88.8%を占めています。やはり大手は圧倒的に合格者が多いです。

 

ただ、大手の合格者が多いのはそもそもの大手予備校の在学生が多いからでもあり、中堅校が大手と比べて授業や教材の質がとても下がるのかと言うと、そういうわけではありません。

 

特にLECは、教材は大手と変わらない質の高い教材であり、校舎など受講体制も整っていて、正直言って大手とそんなに差は無いと思います。

入学時期

公認会計士試験向けの予備校の入学時期ですが、答えは

「いつでも入れます」

 

予備校にはコースがあります。「1.8年短期合格コース」とか「4月入学コース」みたいな感じです。これらのコースによってもちろん入学時期はある程度定められてはいますが、入学時期はズレても予備校が対応してくれるし、コースは季節ごとに用意されているからです。

 

1~2月くらいに始まるコースがあれば、3~4月頃に始まるコースもある、5~12月もまた然り、ということです。

 

ですので、入学したいと思った方は、思い立ったが吉日。資料請求してみて、ここに入学したいなと思ったらすぐに申し込んでしまいましょう。

通学通信

公認会計士試験用の予備校は、各社様々な講座を開いていますが、講座の受講方法としては、通学コースと通信コースの2つがあることが多いです。その2つを早速ですが、以下の表にて比較してみました。

  通信コース 通学コース
授業料 通学と同じ(もしくは通信の方が安い) 通信と同じ(もしくは通信の方が安い)
教材 通学と同じ 通信と同じ
授業 web・DVD ライブ授業
校舎・自習室の利用 制限されている 無制限
フォロー体制 電話・メール・SNSにて対応 対面で講師などに質問できる

 

また、各コースの受講イメージとしては以下のような感じです

通学コース

校舎にて授業を受けながら他の受講生たちとカリキュラムに沿って学習を進めていく。校舎内の施設や校舎での講師への質問が自由にできる

通信コース

自宅にて授業の動画を見てカリキュラムを進めていく。講師への質問等は電話・メール・SNS等を使って適宜行っていく。

 

※ただ、現在は新型コロナウイルスの流行により、ライブ授業や自習室の利用を制限している予備校もあるようです。

 

つまり、通学と通信の違いは対面で授業を受けられるか、対面で講師に質問できるかという点です。それ以外は何も変わりありません。ですので、社会人の方は通信を検討している方も多いと思いますが、私はむしろ通信の方が良いと思います!なぜなら、対面での学習はできなくなりますが、その分移動時間を節約でき、時間を有効活用できるからです!

大学生におすすめの公認会計士予備校②大学に通いながら通えるの?

先に結論

通える。でも大学の授業が多いうちは結構大変なので、通信もあり!

公認会計士試験用の予備校への通学を考えている大学生の中には「大学に通いながら、予備校にも通うのは大変じゃないの?」と考える方も多いと思います。

 

結論から言うと、予備校には最初の内は週3~4日ほど通うので、大学の授業が多い方は結構大変です。また、大学生だとバイトや遊びもあると思うので、本当大変です。特に、授業が多い大学1~2年生の方は大変だと思います。

 

でも、予備校に通うなら、早い段階から通う大きなメリットがあります。それは、

大学在学中に合格できる

ということです。

 

公認会計士試験の合格までの平均的な勉強時間は3,000~5,000時間、年数でいうと2~3年と言われています。ですので、大学1~2年生の内に勉強を始めると大学在学中に合格できる可能性があります。

 

これはとても大きなメリットです。なぜなら、大学3年になると周りは就活を始めますが、自分は公認会計士試験の勉強をしていて就活は始めない。大学在学中から公認会計士を目指すと普通、こういう状況になりとても焦るのですが、大学3年で合格してしまえば、この状況にはならないからです。

 

しかも就活は公認会計士試験に合格した状況で始められるので、はっきり言って就活は無双できます笑

 

ですので、大学の早いうちから公認会計士試験用の予備校に入ることは大きなメリットがあります。

 

「でも、大学と予備校の両方通うのは大変なんでしょ?」

こう思う方もいらっしゃると思います。そうなんです。大変なんです。

 

そんな方には通信をお勧めします!

 

上に書いたように、通信はどこの予備校も、教材は全て通学と同じものを使い、授業はWebで見て、質問はメールや電話で行う、というスタイルが一般的です。

 

正直、通学とほとんど変わらないので通信が通学と比べて不利になるということは全くないと思いますが、あえて言うなら、講師に質問しにくい、と言うのはデメリットになるかもしれません。

 

ですので、通信にするなら、通信でも講師に質問しやすい予備校を選ぶべきです。

 

通信での質問等のフォロー体制が最も充実した予備校は東京CPAです。下で詳細を書いていますが、一番おすすめの予備校です。東京CPAを検討するなら、割引クーポンや無料授業体験がついてくるので、まずは資料請求するのがおすすめです。

東京CPA会計学院 無料資料請求はこちら!

大学生におすすめの公認会計士予備校③おすすめの予備校

先に結論

おすすめは東京CPA。値段が気になるならLECもあり!

ここでは、おすすめの予備校をご説明いたします。

 

私が予備校を評価するうえで重要視している点は以下です。

・教材はわかりやすいか

・授業はわかりやすいか

・質問に対するフォロー体制

・デジタル対応

教材・授業のわかりやすさは当然ですが、こちらからの質問にしっかり答えてくれるかというのは、とても重要な点の一つだと思います。質問しても疑問が解決しなかったり、なかなか質問できない環境だと勉強の効率が落ちるので。

 

また、予備校に入っても学習の中心は自習になりますので、自習のしやすさ(いつでもどこでも学習できるか)と言う意味で、デジタル対応も重要な点の一つです。教材や授業がネットで見れたり、ネットから質問ができると勉強の効率が上がります。

 

これらの点から、私がおすすめする予備校は東京CPAです。正直、今入学するならこの予備校一択です。また、コスパ面を重視するならLECです。

 

東京CPA

 

受講料 60~85万
直近の合格者数 359名
校舎の数 4校

 

東京CPCのメリットは以下です。

驚異的な合格率

教材・講師の質の高さ

デジタル対応が最も進んでいる予備校

フォロー体制も予備校の中で最も充実している

 

驚異的な合格率

東京CPAの最も際立つ特徴はその合格率で、なんと37.1%(2020年)(2019年は42.9%)となっております。公認会計士試験全体の合格率が毎年10%前後であることを考えるとこれは驚異的な数字です。

 

ただこれにはからくりがあって、カリキュラムを終了した人を分母として算出している(カリキュラムを終了してない人は分母に含めていない)ことで、高い数字となっているようです。ただ、それでもこの数字は他の予備校と比べて圧倒的に高い数字です。

 

有名講師陣

東京CPAは数年前に他の予備校から有名講師を引き抜いており、講師の方はみなさん公認会計士会では有名な講師です。ですので、授業の質はとても高いです。

 

また、東京CPAにはチューターという制度があるのですが、こちらもとても評判がいいです。チューターとは前年に公認会計士試験に合格した方達のことで、大学在学中に合格した方が中心のようです。

 

東京CPAの校舎には講師だけでなく、このチューターが常駐しており、生徒の質問対応をしています。前年に実際に合格しているチューターの方々は知識が新鮮ですし、自分が抱えているのと同じような悩みを必ず経験しているはずなので、そんなチューターの方々に質問できるのは、とても有意義だと思います。

 

教材の質の高さ

東京CPAの教材はとても質が高いことで有名です。私も実際に東京CPAの教材を使ったのですが、とても良い教材でした。教材が分かりやすく書いてあることは当然として、私が非常に助かったのが、東京CPAの教材には、範囲ごとにA~Cの重要性が書いてあることです。

 

公認会計士試験の範囲の中には、ほとんど本番で出題されないので捨てるべき部分としょっちゅう出るので重点的に勉強すべき部分があります。A~Cの重要性はその判断に使え、それは学習の効率をグンと上げてくれます。

 

また、この重要性は答練や模試にも書いてあるので、実際の試験で「難しいので捨てるべき問題を捨てる練習」にも使えます。公認会計士試験では「難易度が高すぎて、解こうとするととても時間がかかるし正答率も低いので捨てるべき問題」が毎年必ず出題されます。

 

問題を解く練習も大切ですが、問題を捨てる練習も同じくらい大切です。その練習ができるのはとても助かります。

 

デジタル対応

東京CPAは大手予備校の中で最もデジタル対応が進んでいます。具体的には以下のようなデジタル化が図られています。

・全ての教材がwebでも読める。(もちろん紙媒体の物ももらえます)

・講義は全てwebでも受講できる

・講義は音声データ版もある(電車や寝るときにイヤホンで講義を聴ける)

ここまでデジタル化されていますので、いつでもどこでも勉強できます。勉強は電車やカフェでも勉強したいという方にとって、これはとても助かると思います。

 

通信のフォロー体制

東京CPAの強みとして校舎に講師が常駐しているので、いつでも質問できると記載いたしましたが、東京CPAは通信コースの方も講師・チューターに質問できます。

 

その方法は電話・skype・メール・Twitter・対面と全ての質問方法がそろっていますので、通信でもわからないところはすぐに質問できます。

 

また、授業は上記のweb講義を視聴でき、教材は紙の物とデジタル教材の両方をもらえますので、通信と通学の差はほとんどないと思います。

 

まとめ

これら以外にも、東京CPAは公認会計士専門の予備校である、綺麗な自習室がある、女子専用自習ブースがある、綺麗なロッカーが全員分用意されている、など環境が整いまくってます。

 

正直、本気で合格を目指すなら東京CPAに入っておけば間違いないです。

 

東京CPAに入るなら、割引クーポンや無料授業体験がついてくるので、まずは資料請求がおすすめです。

東京CPA会計学院 無料資料請求はこちら!

LEC

 

受講料 45~55万
直近の合格者数 非公開
校舎の数 29校+提携校

LECのメリットは以下です。

受講料が安い

企業法に強い

まずは確実に短答式に合格しに行くカリキュラム

最低限のフォロー体制・デジタル対応は整っている

 

受講料が安い

LECのメリットは何といっても受講料の安さです。大手3校(東京CPA、大原、TAC)の受講料が、コースにもよりますがだいたい75~85万円ほどであるところ、LECは45~55万円ほど、短答式までのコースなら278,000円となっております。

 

「安いんなら、その分質も落ちるんじゃないの?」

このように思う方もいらっしゃると思いますが、それほど他の予備校と変わりません。私は全ての予備校のテキストを読んで比較したのですが、テキストも他と大して変わりません。また、以下に記載しているようなLECならではの強みもたくさんあります。

 

企業法に強い

LECは法律系の資格に強い予備校です。ですので、LECは企業法にとても強いんです。

 

その最たる例としては、本試験問題の的中があります。

 

公認会計士論文式試験では2018年と2019年はかなり癖のある問題が出題されました。これは企業法が得意の受験生でも簡単には正答できない問題で正答率はとても低くなりました。しかし、LECはこの問題を直前答練で出題していたんです!2019年試験に関しては大問4問中3問的中という驚異的な的中率を見せました。

 

その結果、それらの難題を他の予備校生が落としたのに対し、LEC生は多くが正答し、企業法の偏差値でLEC生が他の予備校生に大きく差をつけました!

 

これは、司法試験や司法書士などの法律系資格に強いLECならではの強みだと思います。公認会計士試験は偏差値方式ですので、科目で平均点以上の得点を残すことができるととても大きいです。LECに入れば企業法で他の受験生に大きく差をつけ、合格に大きく近づけるかもしれません。

 

まずは確実に短答湿気に合格しに行くカリキュラム

公認会計士試験は短答式(1次試験)と論文式(2次試験)がありますが、通常、予備校では最初から短答式と論文式の知識の両方を教えておきます。

 

この学習カリキュラムは

「まずは短答式に集中して、確実に短答式に合格したい」

という考え方の人は、「論文式については短答式合格後から教えてほしい」と感じると思います。

 

私もそういう意見であり、短答式もとても難しいので、まずは確実に短答式に合格しに行くべきだと思います。ですので、このLECのカリキュラムは私はとても賛成です。

 

また、「まずはしっかり短答式に合格したい」という人は、まずはLECで短答式に合格し、合格後に他の予備校の論文式コースに移籍する、というのはかなり有効な戦略だと思います!(実際、この戦略をとる人は結構います)

 

フォロー体制・デジタル対応

LECのフォロー体制としては「教えてメイト・教えてチューター」という制度があります。教えてメイトは受講生同士で質問しあえる機能で、教えてチューターはチューターの方に質問できる機能です。

 

どちらもオンラインから利用できるようなので、通信の方も質問は通学生徒同じようにできるようです。

 

また、デジタル体制としては、通信コースの方はスマホ・タブレットで授業の動画・音声データがダウンロード可能です!これを利用することで、通信の方はいつでもどこでも授業を見れます。

 

ただ、データ版の教材は無いようですので、教材は紙面の物のみです。

 

まとめ

ここまで書いたように、LECはとても安いですが、大手とほとんど変わらない予備校です。

 

コスパを重視する方にはLECがおすすめですので、LECに興味を持った方は是非以下のHPからお申し込みください。

LEC

大学生におすすめの公認会計士予備校④まとめ

この記事はいかがでしたでしょうか。この記事に書いたことをまとめると以下です。

・予備校は約50~80万円の受講料で1.5~2年ほど通うのが一般的。

大学と予備校の両方に通うのは結構大変。だから通信もあり。通信ならおすすめは東京CPA。

・おすすめの予備校は、質なら東京CPA!コスパならLEC!

こんな感じです。

 

予備校については以下の記事で、もっと詳細に比較していますので、よかったら参考にしてください。

公認会計士予備校を徹底比較【完全まとめ】

公認会計士試験用の予備校を検討している人向け。内容⇒東京CPA,TAC、大原、LEC、クレアールという5つの予備校をあらゆる面で比較しています。

-予備校

Copyright© 2021 公認会計士Career,All Rights Reserved.