経理への転職は難しい?そんなことないです!【転職の方法を教えます】

経理に転職するか悩んでいる人「将来のことを考えて経理に転職したい。でも自分で転職できるかわからない。経理に転職する方法が知りたい。

この記事ではこういった疑問に答えます。

 

先に結論

未経験の人は未経験歓迎案件に転職or簿記2級を取る。

経理経験のある人が年収を上げるには、上場企業に転職する、もしくは会計事務所の顧問先巡回業務に転職するのもあり。

おすすめの転職エージェントはMS-Japan。理由は①求人案件が最も多いから②管理系専門で会計系の転職を熟知しているから。

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

 

この記事を読んだら

未経験から経理に転職する方法がわかります。

経理経験者が転職で年収をUPさせる方法がわかります。

この記事の信頼性

この記事の筆者は、元・会計系専門の転職エージェントです。

経理未経験者の転職が難しい理由と転職する方法

先に結論

経理は簿記の専門知識が必要だから未経験者は転職が難しい。

転職の方法は①20代の人は未経験歓迎のところにひとまず転職して経験を積む②30代の人は簿記2級を取る。

まずは経理未経験者が経理に転職するのは、一般に難しいといわれているその理由を紹介します。

未経験者の経理への転職が難しい理由

未経験者が経理に転職するのが難しい理由、それはズバリ「経理には簿記の知識が求められるから」です。

 

一般事務や営業事務、総務や営業などは特に専門知識がなくても会社に入ってから仕事を覚えれば対応できる職種ですが、経理は違います。

 

経理は簿記という会計の専門知識がないと業務が理解できません。どんなに優秀な人でも簿記をまったくやったことがない状態でいきなり経理の業務を教えられても、なかなか理解できないと思います。

 

ですので、経理職に就職・転職する際に採用されるパターンは以下です。

①経理経験のある人を採用する。

②経理未経験だけど簿記の資格を持っている人を採用する。

③資格も経験もないけど若い人を採用する。

 

経理職に採用される人のパターンは上記の3つだと思います。この3つのパターンを踏まえたうえで、どうすれば経理に転職できるのかを以下で解説します。

転職する方法

経理未経験者が経理に転職する方法を、年代別で解説します。

20代の人

経理として大事なのは、簿記の資格より、実は経理の実務経験です。つまり、簿記の資格を持っていなくても経理の経験がある人なら経理に転職できます。

 

ですので、まだ20代とお若い方なら、簿記の資格を取ってからでもいいですが、資格を取る前に経理に転職してしまうのもいいと思います。20代の方なら経理未経験・簿記資格もなしでも採用してくれる会社はあります。

 

そこで経験を積みながら簿記2~3級を取って、また転職すればいいんです(もちろんその会社がとても環境のいい会社なら転職する必要がありません)。

 

だいたい、経理未経験なしの20代の方なら最初は、簿記資格を持っていても持っていなくても年収300~350万円ほどだと思います。

 

そこから経理の実務経験を3年ほど積んで、簿記2級を取得すれば年収450~550万円ほどの仕事に転職できます。

 

30代の人

30代の方は簿記2級を取得しましょう。

 

30代の方で経理未経験ですと、さすがに簿記は持っていないとなかなか採用してくれる企業は現れないです。

 

ただ、簿記2級を持っていれば、採用する企業はあります。

 

ここで大事なのは簿記は3級だと厳しいです。2級を取ってください。

 

簿記資格に対する経理での評価は以下です。

簿記3級・・・簿記初心者

簿記2級・・・一人前。一般的な経理業務ならすべて理解できる。

簿記1級・・・経理のエキスパート。上場企業の経理管理職を任せられる。

※すべて日商簿記

 

このように、経理の世界では簿記は2級を取って初めて一人前とみなされます。

 

逆を言えば、日商簿記2級を取得することができれば、経理未経験でも「この人は経理に向いている人だな。仕事も早く覚えてくれるだろうな」と採用担当者から評価されるはずです。

 

ですので、30代で経理未経験の方はまず簿記2級の勉強をしてみて、もし資格を取れたら転職しましょう。簿記2級がなかなかとれなかったら、それは自分は経理には向いていないということだと考えて、経理への転職はスパッとあきらめていいと思います。

 

ちなみに、年齢については30代といっても35歳までです。36歳以上の方ですと、簿記2級を持っていてもなかなか経理への転職は難しいと思います。

経理経験者が転職して年収をアップさせるのが難しい理由と解決方法

先に結論

経理の年収水準は①役職②会社が上場しているかどうかで決まる。

年収を上げるには上場企業に転職する、もしくは会計事務所の顧問先巡回業務に転職するのもあり。

次は経理経験者の方が転職して年収をアップさせるのが難しい理由と、それを実現する方法を解説します。

経理経験者が転職して年収をアップさせるのが難しい理由

経理職の年収は主に以下の2つの要素で決まります。

①役職

②会社が上場しているかどうか

役職については他の職種と同様ですが、会社が上場しているかどうかというのは経理特有の理由です。

 

経理は会社が上場していると年収がぐっとアップします。それは、上場企業だと経理の業務内容が難しくなるからです。

 

上場企業には法律上、毎年決算で作成した決算書を公表する義務が課されています。ですので、決算書を特に公表する必要のない非上場企業と比べて、決算書ならびに日々の会計業務が正確に行われている必要があります。

 

なので、上場企業は非上場の企業と比べて経理の業務内容が難しく、その分、年収も高いんです。

 

したがって、経理職の方が年収を上げるには①社内で出世する②上場企業に転職するという2つの方法があるんですが、非上場企業でしか経理をやったことがない人が上場企業に転職するのは難しいんです。

年収をアップさせる方法

では、ここから経理経験のある人が年収をアップさせる方法を、年代別で解説します。

35歳以下の人

35歳以下で経理経験のある人は簿記2級を取ってください。

 

簿記2級を持っていれば上場企業の経理業務でも対応できると評価され、非上場しか経験がなくても転職できます。

 

具体的には35歳以下、経理経験5年以上、簿記2級保有の方なら上場企業の経理に転職可能です。

 

36歳以上の方

36歳以上で非上場企業でしか経理経験のない方ですと、人にもよりますが、上場企業に転職するのは難しくなってきます。

 

ですので、今の企業でそのまま働いて出世することを目指す、もしくは一つおすすめの方法があります。

 

それは会計事務所に転職することです。

 

会計事務所では基本的には税理士が顧問先企業を担当して税務申告書の作成や税務相談業務などを行い、税理士資格は持っていない簿記資格保有者がそのサポート業務を行う、というような業務分担をしている会計事務所が多いのですが、会計事務所の中にはこの顧問先企業をいくつか担当する業務を簿記資格保有者に任せている事務所もあります。

 

こういった仕事ですと、まずは税務計算を教えてもらって勉強する必要がありますし、また、確定申告の時期などは結構残業が多くなりますが、年収水準は高いです。平均で500万円ほどです。

 

ですので、勉強はするし、残業は多くてもいいという方は会計事務所の顧問先巡回業務に転職するのもありだと思います。

経理への転職におすすめの転職エージェント

先に結論

おすすめの転職エージェントは「MS-Japan」。理由は①求人案件が最も多いから②管理系専門で経理の転職を熟知しているから。

ここからは経理におすすめの転職サイトをおすすめ順に紹介していきます。

おすすめ度1位「MS-Japan」

おすすめ度1位は「MS-JAPAN」です!MS-JAPANは管理部門・仕業専門のエージェントで、業界No.1の実績を誇っています。

 

MS-JAPANの魅力は何といってもその募集案件の多さです!業界No.1なだけあって常に案件は大量に持っており、企業経理、会計事務所の求人が大量にあります。私は転職エージェントの最も大切な条件は案件数だと思っています。どんなに良いエージェントでも、案件が少なく自分に合った案件がないのでは意味がないからです。

 

その点、MS-JAPANは豊富に案件を持っていますので、MS-JAPANに登録すれば自分の希望条件に合った求人案件が必ず見つかると思います。

 

HPにて公開している案件だけでも大量にありますが、エージェントは公開していない案件も大量に持っていますので、しっかり案件比較検討するためには一度登録することをお勧めします。

 

登録は以下のリンクからできます。

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

おすすめ度2位「ジャスネットキャリア」

ジャスネットは会計・経理・税務・財務分野専門の転職エージェントです!会計系専門のエージェントですので、当然企業経理、会計事務所の求人案件がとりそろってます。

 

ジャスネットの魅力は何といっても営業の方のレベルの高さです。会計業界は専門性が高いので、普通のエージェントだとなかなか話が伝わらないことがあります。こちらがこれまでの経験や経理の細かい業務内容の話をしても、少し会話が噛み合わなかったりするんです。

 

でも、ジャスネットならそんなことにはなりません。ジャスネットは会計系専門の転職エージェントの老舗ですで、営業さんの会計に対する理解や営業としての経験値が高いです。私もジャスネットさんの社員さんを何人か知っているのですが、もともと経理や会計事務所で勤務していたという方が多く、会計業務について皆さんとてもよく理解されてました。

 

ですので、ジャスネットに登録すれば、仕事のレベルも自分に合っている希望通りの案件を紹介してもらえるはずです。

 

ジャスネットのリンクは以下です。

【ジャスネットキャリア】

おすすめ度3位「経理転職.com」

 

3つ目は経理転職.comです。

 

こちらは上記の2つのサイトに比べると求人案件数は少なめですが、その分案件はほとんどが経理の求人案件ですので、経理職への転職を検討されている方はとても使いやすいサイトだと思います。

経理転職.com

【経理への転職は難しい?】まとめ

この記事はいかがでしたでしょうか。この記事に書いたことをまとめると以下です。

結論

未経験の人は未経験歓迎案件に転職or簿記2級を取る

経理経験のある人が年収を上げるには、上場企業に転職する、もしくは会計事務所の顧問先巡回業務に転職するのもあり。

おすすめの転職エージェントはMS-Japan。理由は①求人案件が最も多いから②管理系専門で会計系の転職を熟知しているから。

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

 

経理職への転職にお勧めの転職サイトについては以下で詳細に解説していますので、よかったら参考にしてください。

経理におすすめの転職サイト徹底比較【利用の流れも解説】

転職を検討している経理の方、経理向けの転職サイトの比較をしたい方の方向け。内容⇒経理向けの転職サイトの特徴、おすすめの経理向け転職サイト、転職サイト利用の流れetc。この記事を読めば、おすすめの経理向け転職サイト、転職サイト利用の流れがわかります。

 

-経理, 転職

Copyright© 2021 公認会計士Career,All Rights Reserved.