公認会計士試験の科目別勉強時間【短期合格の方法も解説】

公認会計士試験を目指して勉強している人「公認会計士を目指しているが、合格するまで科目ごとにどのくらいの勉強時間がかかるんだろう?また、どうすれば勉強時間を短縮できるんだろう?

この記事ではこういった疑問に答えます。

 

先に結論

試験全体の合格までの平均勉強時間は3000~5000時間。

効率よく勉強を進めるためには、予備校に入るのが手っ取り早い。

おすすめの予備校は東京CPA。理由は①合格率が圧倒的に高いから②質問へのフォローも充実しているから。

東京CPAを検討するなら、まずは1万円分の割引券などがついてくる資料請求がおすすめです。

 

東京CPA会計学院 無料資料請求はこちら!

こんな人向けの記事です

公認会計士試験の科目別の勉強時間を知りたい人

勉強時間をできるだけ短縮する方法を知りたい人

この記事の信頼性

この記事の筆者は、働きながら独学で2年の勉強期間で公認会計士試験に合格しています。

公認会計士試験全体の勉強時間

先に結論

試験全体の合格までの平均勉強時間は3000~5000時間。

財務会計論、企業法、租税法は必要な勉強時間が多い。

公認会計士試験は、一般的に合格までに3000~5000時間の勉強時間が必要と言われています。

 

この記事では全体の勉強時間を3000時間として、科目別の勉強時間を解説いたします。

 

ズバリ、公認会計士試験の科目別の勉強時間は以下です。

短答式

財務会計論 600時間

管理会計論 300時間

監査論 200時間

企業法 400時間

論文式

財務会計論 200時間

管理会計論 200時間

監査論 200時間

企業法 300時間

租税法 400時間

選択科目(経営学or統計学) 200時間

短答式の財務会計論が600時間と圧倒的に長いですが、これは簿記の勉強も含んでいるからです。

 

公認会計士試験の勉強は、まずは簿記2級までの勉強から始めるのが一般的です。ですので、短答式の財務会計論と管理会計論は簿記2級までの勉強時間も含んでいます。

 

それを加味しても、全体的に見て、短答式だと財務会計論と企業法、論文式では企業法と租税法が勉強時間が長くなっています。

 

この詳細ならびに勉強時間を短くする科目別のおすすめの勉強法を以下で解説いたします。

公認会計士試験の科目別勉強時間

先に結論

会計学は計算と理論を並行して進めると効率が良い。

理論問題はとにかく問題集を繰り返し解くのがおすすめ。

選択科目は、比較的勉強時間が少ない経営学か統計学がおすすめ。

公認会計士試験の科目別勉強時間①財務会計論

短答式

財務会計論の短答式の勉強時間は600時間です。これは簿記2級までの勉強時間が200時間、残りの400時間が財務会計論の勉強というイメージです。

 

財務会計論は計算と理論があり、どちらもとにかく範囲が広いです。ですので膨大な勉強時間がかかります。

 

そんな財務会計論の勉強時間をできるだけ短くするおすすめの勉強法は「計算と理論を並行して進める」ということです。

 

財務会計論の計算問題は理論を理解していないと解けません。また理論問題は計算問題で会計処理のイメージをつかんでいた方が理解しやすいです。ですので、計算と理論、どちらかを先に進めていくより、ずっと並行して同じペースで進めるのが効率が良いんです。

 

おそらく勉強を始めると、最初は計算の方がとっつきやすく、理論はわかりにくいので、計算をどんどん進めたくなると思うのですが、そこはぐっと我慢して理論も同じペースで進めてください。

 

そうすると、計算問題を勉強しているから理論問題はイメージしやすくなり、また、計算でなんとなくつかめたイメージが、理論でしっかりと裏付けされた知識になっていく、という効率的な勉強が進められます。

 

論文式

財務会計論の論文式の勉強時間は200時間です。

 

財務会計論の論文式は、短答式と同様に計算と理論があります。計算は記述式になりますが、連結や結合会計の複雑な問題も出題されるようになるだけで、短答式から出題範囲は大きく変わりませんので、計算の勉強は短答式の勉強の延長で問題ありません。

 

理論は、短答式の問題とは中身が変わります。短答式では、財務会計の基準や概念の知識を問われるような問題が出題されますが、論文式ではその基準や概念の裏にある考え方・理論が出題されます。問題の内容が変わるので、理論問題は論文式のための対策に勉強時間をかける必要があります。

 

ですので、財務会計論の論文式のおすすめの勉強法としては、計算は最初から模試や答練などの本番レベルの問題を解いて大丈夫です。短答式に合格した方なら普通に解けると思います。連結や結合は短答式より難しくなっていると思うので、そういった問題はテキストで調べて理解していきましょう。

 

理論は短答式とは中身が異なりますが、短答式で基礎が身についていれば、論文式の問題も理解していけると思います。とにかくひたすら理論問題集や模試・答練を解いて財務会計の考え方を頭に入れていきましょう。

 

本番では出題される問題のパターンが決まっています。理論問題集や模試・答練に出た問題と同じ問題が、必ず本番でも出題されますので、問題集等の問題をそのまま覚えていければ本番でも結果は出ます。

 

詳細な勉強法は以下の記事にまとめましたのでよかったら参考にしてください。

財務会計論(計算)の独学勉強法・教材【公認会計士試験】

財務会計論(理論)の独学勉強法・教材【公認会計士試験】

公認会計士試験の科目別勉強時間②管理会計論

短答式

管理会計論の短答式の勉強時間は300時間です。管理会計論も財務会計論と同様に簿記2級までの勉強時間を含めています。簿記が100時間、管理会計論が200時間というイメージです。

 

管理会計論の短答式は計算問題と理論問題が出題されます。

 

計算問題は原価計算を中心とした問題で、理論問題は原価計算基準と言う基準書を中心とした問題が出題されます。

 

そんな管理会計論のおすすめの勉強法は、原価管理基準を覚えることです。管理会計論の理論問題はだいたい6~8問出題されるのですが、そのうち3~5問が毎年原価管理基準から出題されます。ですので、原価管理基準を覚えるだけで30~40点取れるんです。

 

原価管理基準は30ページほどでそれほどボリュームがなく、また、よく出題されるところも決まっていますので、覚えるのにそれほど苦労はしないと思います。また、原価管理基準は原価計算の方法について記載した基準であり、計算問題は原価計算が中心ですので、原価管理基準を覚えれば計算問題も点が取りやすくなります。

 

論文式

管理会計論の論文式の勉強時間は200時間です。

 

管理会計論の論文式は、財務会計論と同じように、計算問題は、回答形式が記述式になるだけで、問題の内容は短答式と変わりません。理論問題は短答式で覚えた知識の裏にある考え方・理論が出題されます。

 

ですので、おすすめの勉強法としては、計算は模試・答練解くことです。中身は変わりませんので、短答式に合格した方なら最初から解けると思います。

 

理論問題は、理論問題集や模試・答練を繰り返し解くということです。

 

はっきり言って、管理会計論の論文式に、これ以上の工夫した勉強法等はありません。短答式から理論問題が変わるだけですので、計算は短答式で付けた基礎をより鍛えること、理論は問題をひたすら繰り返す、これをやっていれば合格点取れると思います。

 

詳細な勉強法は以下の記事にまとめましたのでよかったら参考にしてください。

管理会計論(計算)の独学勉強法・教材【公認会計士試験】

管理会計論(理論)の独学勉強法・教材【公認会計士試験】

公認会計士試験の科目別勉強時間③監査論

短答式

監査論の短答式の勉強時間は200時間です。

 

監査論の短答式は理論問題のみが出題されます。監査論は短答式の科目の中では比較的ボリュームが少ない科目です。

 

ですので、おすすめの勉強法は、理論問題集や模試・答練を繰り返し解く、それだけです。これらを繰り返し解いて、わからないところをテキストや監査基準委員会報告書等で調べる、それだけで合格点取れると思います。

 

比較的ボリュームの少ない科目ですので、効率的に勉強して、他の科目に勉強時間をかけられるようにするべきです。

 

論文式

監査論の論文式の勉強時間は200時間です。

 

監査論は論文式科目の中でもボリュームの少ない科目④す。内容としては、短答式では監査についての基準等の知識を問われる問題が多いですが、論文式は、監査の考え方についての記述式問題が主です。

 

ただ、その勉強のためには、短答式で監査の基本を理解していることがとても重要であり、短答式で監査の基本を理解できている人であれば、それほど苦戦しないと思います。

 

おすすめの勉強法としては、やはり模試・答練を繰り返しとく、と言うことしかないと思います。監査の考え方についての記述式の問題ですので、実際に問題を解いて、監査の考え方を理解していく、また、論文の書き方に慣れていくということが、最も重要だと思います。

 

詳細な勉強法は以下の記事にまとめましたのでよかったら参考にしてください。

監査論の独学勉強法・教材【公認会計士試験】

公認会計士試験の科目別勉強時間④企業法

短答式

企業法の短答式の勉強時間は400時間です。

 

企業法の短答式は、会社法、金融商品取引法、商法の一部についての理論問題が出題されます。企業法はとても範囲が広く、短答式科目の中でもボリュームの大きい科目です。

 

その勉強法としては、とにかく知識を頭に入れていかないといけないので、やはり、理論問題集や模試・答練を繰り返し解き、わからないところをテキストで調べるのが良いと思います。

 

ここで注意すべきなのが、決してノートにテキストの内容をまとめたりはしない方がいいです。私はテキストを1からノートにまとめたのですが、それだけで2か月かかってしまい、とても時間を無駄にしてしまいました。テキストはあくまで、問題を解いてわからなかった時に調べるために使い、まとめた時はテキストに直接書き込むのが良いと思います。

 

論文式

企業法の論文式の勉強時間は300時間です。

 

企業法は論文式でも勉強量が多い科目です。その理由は、企業法の論文式は、問題の内容が短答式とはかなり異なるからです。

 

企業法は、短答式では会社法、金融商品取引法、商法の一部についての知識を問われるような問題ですが、論文式では、実際のその法律の効力、適用、考え方などについての論文を記述する問題が出題されます。

 

これを解くためには当然短答式でしっかり会社法の基本を覚えることが必要ですが、短答式の延長では論文式は解けないので、やはり企業法の論文式はそれなりの勉強量が必要になります。

 

そんな企業法の論文式のおすすめの勉強法は、やはり問題集や模試・答練を繰り返し解くということです。論文を記述する問題ですので、やはり何度も実際に論文を書いて慣れていくしかありません。ただ、企業法の論文式では、出題される問題はある程度毎回決まっているので、問題集や模試・答練の問題の論点を覚えていければ、本番で得点は取れるようになっていきます。

 

ですので、やはり問題集や模試・答練を繰り返し解くというのが、最も効果的な勉強法になります。

 

詳細な勉強法は以下の記事にまとめましたのでよかったら参考にしてください。

企業法の独学勉強法・教材【公認会計士試験】

公認会計士試験の科目別勉強時間⑤租税法

租税法の勉強時間は400時間です。

 

租税法はとにかく範囲が広く、また論文式から新たに追加される科目ですので、論文式の科目の中では最も勉強時間が必要になる科目です。

 

その内容は法人税法、所得税法、消費税法についての計算問題と理論問題です。

 

そんな租税法のおすすめの勉強法はやはり模試・答練を繰り返し解いていくということなのですが、租税法では、本番で問題を解くおすすめの順番があります。

 

その順番とは法人税法→所得税法→消費税法の順番です。なぜこの順番がおすすめなのかと言うと、税金の計算というのはいくつかのプロセスに分かれており、一つ一つのプロセスで計算をしていき、最終的に課税される税金の額が算出されるという形です。

 

このように税金の計算はプロセスごとに計算を行っていく形なので、最初の方のプロセスで計算を間違っていると、その後のプロセスの計算も誤りになることがあります。特にそういった特徴が強いのが消費税法で、最初の方で間違えると、全部不正解になるということもざらにあります。

 

ですので、消費税法はとてもリスクが高いんです。その反対に、法人税法は、一つのプロセスの計算ミスが他のプロセスの影響しにくいので、得点が取りやすいです。ですので、問題を解く順番としては、そのようなリスクが小さい順に法人税法→所得税法→消費税法の順となります。

 

まあ、実際この順番で毎年出題されているので、普通に問題を1ページ目から順番に解いていけばいいんですけどね笑

 

詳細な勉強法は以下の記事にまとめましたのでよかったら参考にしてください。

租税法の独学勉強法・教材【公認会計士試験】

公認会計士試験の科目別勉強時間⑥選択科目

公認会計士試験は2次試験である論文式試験に、民法、経済学、経営学、統計学の4つから選択する選択科目があります。

 

この4つの必要な勉強時間は以下です。

民法 400時間

経済学 300時間

経営学 200時間

統計学 200時間

民法と経済学はとても勉強量が多いです。

 

ですので選択科目は8割の人が経営学、理系で数学に自信がある方は統計学を選択します。

 

経営学は公認会計士論文式試験に合格した後に受験することとなる終了考査でも同じような科目があり、そこにもつながるので、やはり選択科目としては統計学がおすすめです。

 

ただ、私は理系で数学が好きなので統計学を選択しました。ですので経営学の勉強法について解説することはできません。

 

統計学の詳細な勉強法は以下の記事にまとめましたのでよかったら参考にしてください。

統計学の独学勉強法・教材【公認会計士試験】

公認会計士試験の勉強時間【他の資格との比較】

先に結論

公認会計士試験は弁護士より簡単で、社労士や司法書士よりは難しい。

 

ここで、公認会計士試験の勉強時間を他の資格の勉強時間と比べてみましょう。

 

他の資格などに必要な勉強時間は以下のように言われています。

 

簿記3級 50時間

簿記2級 200時間

(公認会計士の3000~5000時間にはもちろんこの簿記の勉強時間も含まれています。)

社会保険労務士 1000時間

司法書士 2000~3000時間

税理士 3000~5000時間

弁護士 6000~8000時間

東大合格 6000~8000時間

 

これを見ると公認会計士試験の合格に必要場勉強時間は、司法書士や社労士よりは長く、税理士と同じくらいで、弁護士や東大と比べたら短い。という感じです。

 

公認会計士になるのは早稲田・慶応出身が一番多く、司法試験合格者で一番多いのは東大出身なので、この数字は正しいと思います。

 

公認会計士になるのは難しいですが、東大に入ったり弁護士になるほどは難しくないということです。

 

また、公認会計士は早稲田・慶応出身が多いと書きましたが、MARCHや日東駒専の人も全然いますし、僕みたいな高卒も全然いるので安心してください。

公認会計士試験の勉強時間【できるだけ早く合格する方法】

先に結論

できるだけ早く合格したいのなら、予備校に入るのが手っ取り早い。

理由は、勉強に必要なものがすぐに全て揃うから。独学だとなかなか揃いません。

 

公認会計士試験にできるだけ早く合格する方法は、予備校に入ることです。

 

これは言い換えれば、「独学は避ける」ということです。

 

どういうことかというと、独学だと以下のような非効率が発生します。

①教材をそろえるのに時間がかかる

②授業がないので、難しい論点は自分で調べるしかない。

③質問ができない

 

私は独学で公認会計士試験に挑んだのですが、上記のような非効率が発生しました。

 

それでも費用を安く抑えたい、自分のやり方で勉強を進めたいという方は独学で良いと思いますが、とにかく早く合格したいなら予備校に入った方がいいです。

 

予備校に入れば必要な教材はすぐにそろって、すぐに勉強をスタートできます。わからないときはすぐに講師に質問できます。

 

予備校の効率的なカリキュラムに身を置く、結局これが一番効率的です。

おすすめの予備校

先に結論

おすすめは東京CPA。理由は通信コースのサポート体制が一番充実しているから。値段が気になるならLECもあり!

先に結論

おすすめの予備校は東京CPA。理由は①合格率が圧倒的に高いから②質問へのフォローも充実しているから。

値段が気になるならLECもあり!

 

ここでは、おすすめの予備校をご説明いたします。

 

私が予備校を評価するうえで重要視している点は以下です。

・教材はわかりやすいか

・授業はわかりやすいか

・通信コースに対するフォロー体制

・デジタル対応

教材・授業のわかりやすさは当然ですが、こちらからの質問にしっかり答えてくれるかというのは、とても重要な点の一つだと思います。質問しても疑問が解決しなかったり、なかなか質問できない環境だと勉強の効率が落ちるので。

 

また、予備校に入っても学習の中心は自習になりますので、自習のしやすさ(いつでもどこでも学習できるか)と言う意味で、デジタル対応も重要な点の一つです。教材や授業がネットで見れたり、ネットから質問ができると勉強の効率が上がります。

 

また、学生や勉強に専念している方より勉強時間が限られる社会人の方には、やはり通信がおすすめです。理由は通学時間が省略できることと、通信のサポート体制が整っている予備校なら、通信でも通学と比べて差がほとんどないからです。

 

これらの点から、私がおすすめする予備校は東京CPAです。正直、今入学するならこの予備校一択です。また、コスパ面を重視するならLECです。

 

おすすめの予備校①東京CPA

受講料 60~85万
直近の合格者数 357名
校舎の数 4校

 

東京CPCのメリットは以下です。

驚異的な合格率

教材・講師の質の高さ

デジタル対応が最も進んでいる予備校

通信のサポート体制が予備校の中で最も充実している

 

驚異的な合格率

東京CPAの最も際立つ特徴はその合格率で、なんと37.1%(2020年)(2019年は42.9%)となっております。公認会計士試験全体の合格率が毎年10%前後であることを考えるとこれは驚異的な数字です。

 

ただこれにはからくりがあって、カリキュラムを終了した人を分母として算出している(カリキュラムを終了してない人は分母に含めていない)ことで、高い数字となっているようです。ただ、それでもこの数字は他の予備校と比べて圧倒的に高い数字です。

 

有名講師陣

東京CPAは数年前に他の予備校から有名講師を引き抜いており、講師の方はみなさん公認会計士会では有名な講師です。ですので、授業の質はとても高いです。

 

また、東京CPAにはチューターという制度があるのですが、こちらもとても評判がいいです。チューターとは前年に公認会計士試験に合格した方達のことで、大学在学中に合格した方が中心のようです。

 

東京CPAの校舎には講師だけでなく、このチューターが常駐しており、生徒の質問対応をしています。前年に実際に合格しているチューターの方々は知識が新鮮ですし、自分が抱えているのと同じような悩みを必ず経験しているはずなので、そんなチューターの方々に質問できるのは、とても有意義だと思います。

 

教材の質の高さ

東京CPAの教材はとても質が高いことで有名です。私も実際に東京CPAの教材を使ったのですが、とても良い教材でした。教材が分かりやすく書いてあることは当然として、私が非常に助かったのが、東京CPAの教材には、範囲ごとにA~Cの重要性が書いてあることです。

 

公認会計士試験の範囲の中には、ほとんど本番で出題されないので捨てるべき部分としょっちゅう出るので重点的に勉強すべき部分があります。A~Cの重要性はその判断に使え、それは学習の効率をグンと上げてくれます。

 

また、この重要性は答練や模試にも書いてあるので、実際の試験で「難しいので捨てるべき問題を捨てる練習」にも使えます。公認会計士試験では「難易度が高すぎて、解こうとするととても時間がかかるし正答率も低いので捨てるべき問題」が毎年必ず出題されます。

 

問題を解く練習も大切ですが、問題を捨てる練習も同じくらい大切です。その練習ができるのはとても助かります。

 

デジタル対応

東京CPAは大手予備校の中で最もデジタル対応が進んでいます。具体的には以下のようなデジタル化が図られています。

・全ての教材がwebでも読める。(もちろん紙媒体の物ももらえます)

・講義は全てwebでも受講できる

・講義は音声データ版もある(電車や寝るときにイヤホンで講義を聴ける)

ここまでデジタル化されていますので、いつでもどこでも勉強できます。勉強は電車やカフェでも勉強したいという方にとって、これはとても助かると思います。

 

通信のサポート体制

東京CPAの強みとして校舎に講師が常駐しているので、いつでも質問できると記載いたしましたが、東京CPAは通信コースの方も講師・チューターに質問できます。

 

その方法は電話・skype・メール・Twitter・対面と全ての質問方法がそろっていますので、通信でもわからないところはすぐに質問できます。

 

また、授業は上記のweb講義を視聴でき、教材は紙の物とデジタル教材の両方をもらえますので、通信と通学の差はほとんどないと思います。

 

まとめ

これら以外にも、東京CPAは公認会計士専門の予備校である、綺麗な自習室がある、女子専用自習ブースがある、綺麗なロッカーが全員分用意されている、など環境が整いまくってます。

 

正直、本気で合格を目指すなら東京CPAに入っておけば間違いないです。

 

東京CPAに入るなら、割引クーポンや無料授業体験がついてくるので、まずは資料請求がおすすめです。

東京CPA会計学院 無料資料請求はこちら!

おすすめの予備校②LEC

 

受講料 45~55万
直近の合格者数 非公開
校舎の数 29校+提携校

LECのメリットは以下です。

受講料が安い

企業法に強い

まずは確実に短答式に合格しに行くカリキュラム

最低限のフォロー体制・デジタル対応は整っている

 

受講料が安い

LECのメリットは何といっても受講料の安さです。大手3校(東京CPA、大原、TAC)の受講料が、コースにもよりますがだいたい75~85万円ほどであるところ、LECは45~55万円ほど、短答式までのコースなら278,000円となっております。

 

「安いんなら、その分質も落ちるんじゃないの?」

このように思う方もいらっしゃると思いますが、それほど他の予備校と変わりません。私は全ての予備校のテキストを読んで比較したのですが、テキストも他と大して変わりません。また、以下に記載しているようなLECならではの強みもたくさんあります。

 

企業法に強い

LECは法律系の資格に強い予備校です。ですので、LECは企業法にとても強いんです。

 

その最たる例としては、本試験問題の的中があります。

 

公認会計士論文式試験では2018年と2019年はかなり癖のある問題が出題されました。これは企業法が得意の受験生でも簡単には正答できない問題で正答率はとても低くなりました。しかし、LECはこの問題を直前答練で出題していたんです!2019年試験に関しては大問4問中3問的中という驚異的な的中率を見せました。

 

その結果、それらの難題を他の予備校生が落としたのに対し、LEC生は多くが正答し、企業法の偏差値でLEC生が他の予備校生に大きく差をつけました!

 

これは、司法試験や司法書士などの法律系資格に強いLECならではの強みだと思います。公認会計士試験は偏差値方式ですので、科目で平均点以上の得点を残すことができるととても大きいです。LECに入れば企業法で他の受験生に大きく差をつけ、合格に大きく近づけるかもしれません。

 

まずは確実に短答湿気に合格しに行くカリキュラム

公認会計士試験は短答式(1次試験)と論文式(2次試験)がありますが、通常、予備校では最初から短答式と論文式の知識の両方を教えておきます。

 

この学習カリキュラムは

「まずは短答式に集中して、確実に短答式に合格したい」

という考え方の人は、「論文式については短答式合格後から教えてほしい」と感じると思います。

 

私もそういう意見であり、短答式もとても難しいので、まずは確実に短答式に合格しに行くべきだと思います。ですので、このLECのカリキュラムは私はとても賛成です。

 

また、「まずはしっかり短答式に合格したい」という人は、まずはLECで短答式に合格し、合格後に他の予備校の論文式コースに移籍する、というのはかなり有効な戦略だと思います!(実際、この戦略をとる人は結構います)

 

フォロー体制・デジタル対応

LECのフォロー体制としては「教えてメイト・教えてチューター」という制度があります。教えてメイトは受講生同士で質問しあえる機能で、教えてチューターはチューターの方に質問できる機能です。

 

どちらもオンラインから利用できるようなので、通信の方も質問は通学生徒同じようにできるようです。

 

また、デジタル体制としては、通信コースの方はスマホ・タブレットで授業の動画・音声データがダウンロード可能です!これを利用することで、通信の方はいつでもどこでも授業を見れます。

 

ただ、データ版の教材は無いようですので、教材は紙面の物のみです。

 

まとめ

ここまで書いたように、LECはとても安いですが、大手とほとんど変わらない予備校です。

 

コスパを重視する方にはLECがおすすめですので、LECに興味を持った方は是非以下のHPからお申し込みください。

LEC

まとめ

結論

試験全体の合格までの平均勉強時間は3000~5000時間。

効率よく勉強を進めるためには、予備校に入るのが手っ取り早い。

おすすめの予備校は東京CPA。理由は①合格率が圧倒的に高いから②質問へのフォローも充実しているから。

 

この記事では公認会計士試験の科目ごとの勉強時間と、それぞれの科目のおすすめの勉強法をまとめました。

 

予備校については以下の記事で、もっと詳細に比較していますので、よかったら参考にしてください。

公認会計士予備校を徹底比較【完全まとめ】

公認会計士試験用の予備校を検討している人向け。内容⇒東京CPA,TAC、大原、LEC、クレアールという5つの予備校をあらゆる面で比較しています。

-勉強法

Copyright© 2021 公認会計士Career,All Rights Reserved.